弁護士が書くと

内容証明郵便という方法があり、これをすることで相手によっては返済を行ってくれることがあります。そんな内容証明郵便を弁護士に相談をすることでどうなるかについて説明していきます。

内容証明郵便は、そこまで難しい売掛金回収方法ではありません。ですから、個人で書こうと思えば書くことが出来ます。では弁護士に相談することでどのようになるかというと、まず的確な文章を作ってもらうことが出来ます。素人が作るよりも慣れた文章を作ることが出来るでしょう。ただし、これについてはそこまで大きなメリットになりません。しかし、もう一つメリットとして相手に弁護士が介入していることを知らせることが出来ます。個人名で内容証明郵便を送ったとしても、効果が薄いということがありますが、弁護士として送られた書類ならそれなりの効果を出す場合があります。ですから、弁護士に相談するのも1つの手です。

他のメリットとしては弁護士に書いてもらうということで楽が出来る点です。上記でも説明したように慣れている人が書くので問題ないし、自分で悩んで記載する必要も無くなります。ですから、そういったメリットがあります。ですから、弁護士に内容証明郵便で相談をするならそういったことをしてもらうと良いかもしれません。

  • コメントはまだありません

回収の一歩目

売掛金回収の方法は、交渉や調停、訴訟などの方法があるでしょう。それら方法を駆使して回収を行っていきますが、多くの弁護士などがおすすめする最初の方法として内容証明郵便があります。なぜそうなのかについて説明していきます。

内容証明郵便ですが、これは比較的簡単にすることが出来る回収方法です。弁護士すら必要なく、個人でも回収を行うことができるので、弁護士に相談をした時にこれをおすすめされることが多いです。ですから、取り敢えず売掛金回収をしようとする場合はこちらから行っていくことをおすすめします。ただし、最初にすると良いと言われているだけに回収への強制力は非常に低いです。場合によっては郵便を見ても全く無反応という場合もあります。しかし、売掛金回収を行う宣戦布告として出すのには良いですし、上手くいけばこの段階で返済がされる場合もあります。ですから、上手く利用するようにしてください。

内容証明郵便が最初に良いという理由の1つとして金銭面であまり多額のお金を必要としない点もあります。基本的な金額としては1,000円とちょっとの金額で作ることが出来ます。ですから、比較的低資金で出来るのでここで問題が解決すればそのまま全ての売掛金回収を行えることになります。

  • コメントはまだありません

郵便売掛金回収

売掛金回収の方法が幾つかあるのですが、その1つに内容証明郵便というやり方があります。当サイトでは売掛金回収の内容証明郵便について紹介していきます。回収時に行うことをおすすめする方法の1つです。

内容証明郵便は簡単に言ってしまえば郵便により相手に売掛金回収のために返済を求める書類を送る方法となります。通常の郵便と異なり、ある程度の作成方法がありますので、しっかりとその点を理解して送る必要があります。特に文字数が決まっているのでその点に注意して内容証明の作成を行うようにしてください。ちなみに、文字数は縦書き1行20字以内、1枚26行以内となり、横書きの場合は1行13字以内、1枚40行以内と1行26字以内、1枚20行以内となっています。用紙の方は自由ですが3枚同じものを必要としますので、その点を考えて用意してください。あとは、印鑑による本人であることを確認できる必要があります。

内容証明郵便ですが、基本的に最初に行う回収方法となります。というのも、これは本人の意思確認もあります。もちろん、必ずしないといけないわけではないですが、比較的簡単にできる売掛金回収ですから弁護士もおすすめしています。

内容証明郵便の書き方がわからないという場合はインターネットを探せばわかりますし、弁護士に相談をすることで問題なく書くことが出来るでしょう。ただし、上記でも説明したように文字数などがありますのでその点に注意して書くようにしてください。

  • コメントはまだありません